相澤悠太に関して多くの注目が集まっているが、
既に本人がいない為に、その犯行動機は不明である。

 

警官を襲撃して自らも命を落とすという相澤悠太であるが、
その家族や生い立ちなども気になるところである。

 

ここでは相澤悠太の犯行動機などを中心に、ある考察をしてみよう。

 

追記:相澤悠太の顔写真画像が公開されました。 
相澤悠太の顔画像が公開!なかなかの美少年であった!

 

Sponsored Link

相澤悠太の家族は?


相澤悠太が住んでいたのは、
報道によると仙台市宮城野区新田の一角である。

 

新情報によると両親と弟の四人で暮らしていたという。

 

それが家族と同居であったのか、
一人暮らしをしていたのかは依然として不明ではある。

 

だが、近所の人間であれば、
相澤悠太がもしも家族と住んでいたならば、
その家族構成や雰囲気などもいずれは判明するであろう。

 

もしも父親や母親、
兄弟などと住んでいたのであれば、家族の心境ははかり知れない。

 

凶悪犯罪の犯人の被害者というのは、その家族も被害者であると言える。

 

新情報が入り次第、追記をすることにしよう。

 

相澤悠太の生い立ちは?

相澤悠太の生い立ちが徐々に判明してきている。

 

母親は非常に教育熱心であり、
その声は自宅の外にも聞こえてくるくらいに厳しいものであったという。

 

近隣住民の中には、母親のその声をきいて、
子供たちがかわいそう・・・。』という気持ちを持っていた者もいたという。

 

別の住民の証言では、大人しくて人当たりのいい子であり、
動物好きで子供の頃は生物部に所属。

 

相澤悠太の小学校の同級生であったという女性は
あまりしゃべる方ではなかった。』という証言をしている。

 

だが、警官の命を奪い、自身もその場で
銃弾に倒れるという衝撃的な顛末を迎えた事件。

 

いずれ、ほぼ100%、相澤悠太の生い立ちは
各マスコミがキャッチして、報道するのは必至であると言えよう。

 

だが、相澤悠太の犯行内容から見て、
ある事件を思い出さずにはいられないのだ。

 

相澤悠太の犯行動機は日本赤軍を真似たものか?

相澤悠太の事件報道を聞いて、
すぐに筆者が感じたことは、1970年12月18日に起きた上赤塚交番襲撃事件である。

 

この事件では襲撃された警察官が命を落とすということは無かったものの、犯人グループの一人が警察官の撃った銃弾によって命を落としている。

12月18日、革命左派の柴野春彦(横浜国立大学生)と渡辺正則(横浜国立大学生)、佐藤隆信(神奈川県立川崎高等学校生)は、交番に駐在する警察官の拳銃奪取を目的に上赤塚交番を襲撃。襲撃犯3人はゴムホース入り鉛パイプ、切り出し小刀と千枚通しを武器に、警察官に襲い掛り、怪我をさせる。交番内で勤務していた別の警察官も襲われたため、警察官が応戦、発砲し、襲撃犯の柴野春彦が死亡、他2名も重傷を負った。負傷した2名はその場で逮捕された。
銃奪取に失敗した革命左派は、交番のかわりに銃砲店からの銃奪取を目指し、翌年2月に真岡銃砲店襲撃事件を起こすことになる。

引用:Wikipediaより

日本赤軍が上赤塚襲撃事件を起こした犯行動機は
、既に逮捕拘留されている仲間の解放の為に使う為に、
拳銃が必要と感じた為であった。

 

連合赤軍というのは、昭和の時代に存在した
所謂、テロリストであり、昔の日本共産党・革命左派のメンバーである。

 

相澤悠太が東仙台交番を襲撃した際は、
単独犯であるものの、かつて日本でテロルが盛んであった時期の古き事件を
模倣したかのように思えてならないのだ。

 

モデルガンで武装していたという報道、
そして警察官をだまし討ちにして命を奪うという行為そのものは、
とても尋常な神経で出来るものではない。

 

おわりに

相澤悠太の家族や生い立ちについては、
新情報が出た際には、積極的に追記という形をとらせていただく。

 

それに加えて犯行動機は、
あくまで憶測の域を出ないわけだが、かつて昭和の時代に起きた
大学生たちによるテロルを連想させずにいられないのだ。

 

相澤悠太の家族、そして生い立ちなどの情報が判明した場合は、
およその犯行動機なども分かると思うので、続報を待ちたい。

 

Sponsored Link