町田市の高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」で事件が発生。

 

犯人の名前や顔写真画像などは、
逮捕されていないので、現在のところは不明である。

 

事件の概要や考察などを絡めて、
現段階で判明していることをまとめてみよう。

 

Sponsored Link

町田市の高齢者施設「ココファンまちだ鶴川」で惨劇


事件が発生したのは、2018年9月21日の午前。

 

町田市鶴川3丁目にある
高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」の1階。

 

被害者は69歳の女性・関初枝さんであり、
70歳の夫がベッドで倒れている初枝さんを発見し、警察に通報。

 

病院に搬送された初枝さんは処置の甲斐も虚しく無くなった。

 

夫の証言では『泥棒が入って女房が死んでいる』ということであり、
警視庁町田署は殺人事件として捜査本部を設置。

 

関夫婦は3年前の2015年に「ココファンまちだ鶴川」に入居し、
お互いに隣同士の別々の部屋で暮らしていた。

 

夫によると20日・午後21時まで初枝さんと供にいた為に、初枝さんは就寝中に何者かに襲われたようだ。

 

初枝さんの部屋は荒らされており、
タンスの引き出しが開けられて、衣類などが散乱していたことから、
物取りの犯行の可能性が高いと警察は見ているようだ。

 

犯人は一体、何者か?

これまでに高齢者施設で入居者が不審に命を落とすケースは沢山あり、
犯人は面倒をみている介護士ということは度々、判明している。

 

しかし、今回のケースは状況から見て、
一見すると犯人の目的は金品であり、強盗の可能性が現段階では非常に高い。

 

高齢者住宅を狙う強盗というのであれば、
かなり計画的なものであると言える。

 

少なくとも何度か
「ココファンまちだ鶴川」に出入りしていたことがある関係者であることが伺えるわけであり、
何で初枝さんの部屋を狙ったのかというのも不思議なところだ。

 

あくまで強盗であるのであればの話であり、
実は何らかの理由で巧妙に偽装されているということも考えられないことはないが、
これは警察が調べて明らかにすることだ。

 

犯人はどうやって侵入したのか?

ちなみに初枝さんを発見したのは夫であるのだが、
午前6時に初枝さんの部屋を訪れても出てこなかった為に、
鍵を開けて部屋に入ったという。

 

その時に初枝さんが頭から血を流して倒れていたということである。

 

すると初枝さんの部屋は密室であったということである。

 

では、強盗はどうやって外に出たのであろうか?

 

初枝さんの部屋は1階であり、
窓が破られているという情報も無い為に、
そこから犯人が逃走したということも不明。

 

追記 犯人の侵入経路

 関さんの部屋の入り口が映る防犯カメラが設置されており、夫が部屋を出てから21日朝まで人の出入りは確認されなかった。一方、中庭に通じる窓は施錠されておらず、捜査本部は何者かが窓から侵入し、関さんを殺害した可能性が高いとみている

引用:9/21 19:59 時事通信より

 

状況的には深夜に初枝さんは襲われているわけだが、
高齢者施設において深夜に巡回している介護士などはいなかったのか?
という点にも謎が残る。

 

報道の記事だけでは、
情報が足りないので考察も限度があるのだが、
果たして、町田市の「ココファンまちだ鶴川」の事件の犯人は、
もしかしたら驚くべき人間なのかも知れない。

 

おわりに

犯人が判明した場合は
名前や顔写真画像などを追記という形で掲載するが、
意外にこの事件は早く片が付く気配がありそうだ。

 

報道の情報だけでは何とも言い難いし、
書けないところもあるのだが、意外に犯人は近いところにいると
個人的には感じているところだ。

 

こういう事件の場合、被害者は初枝さんや夫だけではない。

 

昨今は高齢者施設の人間による不祥事も多いことから、
どうしても一般人からは色眼鏡で見られがちになり、
場合によっては信用の失墜にも繋がりかねない。

 

出来るだけ早く穏便に事件が解決することを、
陰ながら見守っていきたいところである。

 

Sponsored Link