根鈴隆義 (ねれいたかよし) は日本の法律において、
最も忌み嫌われる尊属殺人を犯したかどで逮捕されている。

 

顔画像や経歴などは既に明らかになっているので、
Facebookなどを調べるとともに、この事件を考察してみよう。

 

果たして、何故、この様な犯行をおこなってしまったのでしょうか・・・。

 

Sponsored Link

根鈴隆義が逮捕された概要

事件を報じたのは、産経新聞である。

母親に暴行を加えたとして、神奈川県警大和署は17日、暴行容疑で同県大和市林間の自称パーソナルトレーナー、根鈴(ねれい)隆義容疑者(51)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は、16日午後1時半ごろ、自宅で同居する母親(82)の顔面付近に寝具を投げつけるなどの暴行を加えたとしている。

 同署によると、根鈴容疑者は母親と2人暮らし。17日午前2時15分ごろ、根鈴容疑者が「母の意識がない」と119番通報。母親は病院に搬送されたが、午前4時ごろ、死亡が確認された。

 根鈴容疑者は逮捕前、同署員に「母の介護にかかるストレスがあって、それが増大した」と話していた。同署は司法解剖して、暴行と死亡の因果関係を調べる方針

引用:産経新聞より

寝具といっても、様々だが母親の命を奪う程に
何か重量物を投げてしまったということなのだろうか?

 

非常に信じられない犯行内容であるが、
次は顔写真画像やFacebookの有無について見ていこう。

 

根鈴隆義の顔画像やFacebookは?

根鈴隆義の顔画像が発見できたので、引用させてもらおう。

出典:パーソナルトレーニングより

例によって、Facebookに同一ユーザーが
いるかどうかも調べたが、該当する人物はヒットしなかった。

 

非常に珍しい苗字であるので、
該当する人間がいないということは、Facebookを行っていないことは確実である。

 

次は、根鈴隆義の経歴などを見ていこう。

 

根鈴隆義の経歴とGOLD’S GYMについて

根鈴隆義はネット上で自身のHPを立ち上げて、
集客をしていたパーソナルトレーナーであった。

 

そのHP上には以下の様な経歴が記載されていた。

 

経歴から見ると現在、51歳であるということから、
完全に報道の逮捕された根鈴隆義であることは間違いないだろう。

 

1967年4月生まれ

1994年4月~1998年3月 大手フィットネスクラブジムスタッフ

1996年12月 The National Strength and Conditioning Association Certified Personal Trainer(NSCA-CPT)

1998年2月~2002年12月 法政大学野球部ストレングス&コンディショニングコーチ

1998年7月~2010年12月 某大手フィットネスクラブパーソナルトレーナー

1999年4月~2003年3月 法政大学ラグビー部ストレングス&コンディショニングコーチ

1999年10月~2001年12月 法政二高硬式野球部ストレングス&コンディショニングコーチ

2004年 8月  GOLD’S GYM Official Personal Trainer(ゴールズジム・パーソナルトレーナー)

根鈴隆義が認定されているGOLD’S GYMというのは、
アメリカ発祥の1965年から運営されている老舗のフィットネスクラブである。

 

世界30か国にクラブをオープンさせており、
日本国内で45店舗以上、300万人を超える会員を誇っているという
巨大なジムであるということが判明している。

 

こうしたジムの認定コーチということであるからには、
根鈴隆義は相当なノウハウやスキルを持っていることが伺える。

 

根鈴隆義の犯行動機は介護疲れ・・・

報道にも既に出ているが、
根鈴隆義の犯行動機は年老いた母親の
介護疲れからくる心身のストレスによるものだ。

 

当然、これは故意による犯行ではないと考えられる。

 

ストレスが爆発して、手のかかる母親に対して、
投げつけてしまった物が、たまたま打ちどころが悪かったということなのだろう。

 

ただでさえ弱り切っている年老いた母親に、
軽く何か物が当たっただけでも、甚大なダメージを
及ぼす可能性は高いと言える。

 

どこか高齢化社会の闇を、まざまざと見せつけられている・・・
そんな様子が、根鈴隆義の事件からは見えてくるのだが。

 

Sponsored Link