志垣太郎の嫁・白坂紀子の若い頃の画像や馴れ初めが可愛い!!

志垣太郎さんの嫁である白坂紀子さんの若い頃の画像などをまとめるとともに、馴れ初めなどにも触れてみましょう。

白坂紀子さんが若い頃に志垣太郎さんが言ったラブコールは何だったのか? 興味津々ですね!

志垣さんも凄く二枚目ですが、白坂紀子もとても可愛い女性だったんですよ。

志垣太郎の嫁・白坂紀子について


【名前】 白坂紀子(しらさかのりこ)

【本名】 河村朱実(かわむらあけみ)

【生年月日】 1958年1月30日

【星座】 みずがめ座

【年齢】 58歳

【出身地】 東京都調布市

【血液型】 O型

【学歴】 学校法人成蹊学園

【所属】 渡辺プロダクション(結婚を機に退所)

【デビュー】 1979年

白坂紀子さんは幼少の頃に見たミュージカル作品【サウンド・オブ・ミュージック】の影響で非常に音楽好きとなりました。

進学先は名門である成蹊学園に進んでエスカレーター式に学業を積み上げていきました。

21歳の頃に渡辺プロダクションに所属して、児童向けワイドショー【夕やけロンちゃん】にてアシスタント出演という形でデビューを飾ります。

翌年はその愛くるしい容姿からアイドル歌手として、【ドリーム・ブリージン】でデビュー。

その後は特撮テレビドラマなどに出演して、1982年に出演した時代劇ドラマ【水戸黄門】でレギュラーの座を射止めました。

水戸黄門で共演した志垣太郎と結婚し、それを機に女優業から退いたのです。

志垣太郎の嫁・白坂紀子の若い頃の画像がヤバい!

白坂紀子さんの若い頃はすごく可愛らしくって、魅力的です。

特に一番、有名な画像は・・・

こちらの画像だと思います。

目がクリクリっとしていて、現在の芸能界でも絶対に通用するくらいの可愛さですよね。

そんな白坂紀子さんの若い頃の画像をまとめて列挙してしまいましょう!

歌手デビューをした際のジャケットですね。

凄く清楚だけど、どこかセクシーさも漂わせる画像です。

当時の殿方はきっとドキドキしてしまったことでしょう。

女優だった時、テレビ出演されていた時の白坂紀子さんの若い頃。

活発で可愛らしさがあり、きっとそこにいる人たちをみんな明るくしていたと思わせるくらいのオーラが出ています。

最後に取り上げた画像が、実は非常に意味あるものなんです。

この画像こそ、志垣太郎さんとの馴れ初めに繋がるものでもあったりするんです。

続いてはそれを取り上げてみましょう!

志垣太郎と嫁・白坂紀子の若い頃の馴れ初めとは?!

志垣太郎さんと嫁の白坂紀子さんの馴れ初めはWikipediaに書いてあるとおり、志垣さんが白坂紀子さんに一目惚れをしたことが結婚に繋がったと書いています。

ですが、これだけだとあっさりしすぎていて、もっと具体的に知りたいと思い、深堀りしてみました。

 

志垣太郎さんは水戸黄門で共演した時に白坂紀子さんに一目惚れしたということですが、実は以前から知っていたんです。

 

まだ水戸黄門が始まる前、白坂さんが【夕やけロンちゃん】に出ていた時、志垣さんはその出演シーンなどを見て、『感じのいい子』と思っていたそうなんです。

実際は既にこの頃からホの字だったのかも知れません。

 

その後、水戸黄門がはじまり、白坂紀子さんはレギュラー出演。

志垣太郎さんは第10話の水戸黄門でゲスト出演だったのですが、その際、白坂紀子さんと逢いました。

思わず志垣さんは

キミと話したいな。

と、積極的に望みを伝えに行ったというのです。

 

実は白坂さんは当時から沢山の男性から下心丸見えのアプローチをかけられていたようでした。

若い頃の白坂さんを見れば・・・声をかけない男がいないというのもおかしな話なので、当然っちゃ当然ですよね。

志垣太郎さんも最初はそんな男たちと同じ様な目で、白坂さんに見られていたようですが、積極的に3、4回電話をかけたりして話してみて、出逢いから1ヶ月後にデートの約束をとりつけたのです。

意外にもデートの際に志垣太郎さんが白坂さんに感じたことは、常識がある子で性格も明るいし、何より聞き上手だったということ。

そして、男女間の恋愛に関して、古い形で考えているというところを知り、共通している箇所があると感じて、志垣さんは自信をもったといいます。

 

実は白坂さんは最初は確かに志垣さんを警戒していたといいます。

どうやら当時、志垣さんはプレイボーイという噂が業界では出ていたようで、それを知っていた白坂さんはなかなか志垣さんの求めに応じなかったそうです。

しかし、志垣さんのあまりの熱心さと押しの強さに負けてしまって、電話番号を教えてデートの約束をしてしまったそうです。

初デートの日は六本木のお寿司屋にいったそうですが、話してみると非常に楽しくって話し上手なんだけど、意外に真面目な印象を持ったといいます。

それまで志垣さんはこういう男だ・・・と考えていた白坂さんの想像が違うことに気づいて、見直してしまったのだと語っているのです。

 

その後、志垣太郎さんと白坂紀子さんは何度かデートを重ねていきました。

お互いに住んでいるところが微妙に離れていました。

調布と青山だったので、最初は志垣さんが白坂さんを調布の自宅まで送ったりしていたのですが、その後は志垣さんの負担を考えて電話連絡で済ます様にしたということでした。

青山の志垣さんの家にいっては、白坂さんが手料理を作ってくれたりとかする時間。

キッチンで白坂さんの包丁の音を聞いた時に、志垣さんは幸福をしみじみと感じて、結婚したくなったといいます。

 

そして1984年12月24日のクリスマスイヴ。

白坂さんは志垣さんの家に遊びに行き、二人でディナーをこしらえてクリスマスっぽい雰囲気を作ったといいます。

キャンドルに火を灯した後に、部屋を暗くして雰囲気を出して、ワインで乾杯をした時に志垣さんが白坂さんに告げたそうです。

来年は一緒になろうね。

プロポーズの言葉をもらった白坂さんは一言、『そうね。』と頷いたといいます。

 

それからはトントン拍子に結婚に向けての準備がはじまったようです。

元旦にはすぐにお互いの両親に挨拶を済ませに行き、1月10日の白坂さんの誕生日には志垣さんが特注のリングをプレゼント。

そのリングには白坂さんの本名の朱実からとったイニシャル『A』と、志垣さんの本名の稔からとった『M』が彫られ、更には85.1.10と刻まれていたのです。

凄くロマンチックですね・・・羨ましい・・・。

 

後に白坂さんが言っているのですが、志垣さんは色んなプレゼントを白坂さんに贈っていたそうですが、一番、嬉しかったプレゼントは絵ハガキなのだとか?

志垣さんがサイパンに旅行に行った際、現地から一週間に八通の手紙や絵ハガキを白坂さんに送っていたというのです。

白坂さんにとっては、高級品よりもそちらの気持ちのこもった絵ハガキの方が嬉しかったのだと振り返っていました。

そして、志垣さんの方も『人にそれまで手紙を書いた経験は一度もなかった。』と言っています。

 

結婚式は1985年6月に行われました。

本来ならば志垣さんの誕生日の月である9月を予定していたのですが、お互いの両親から急かされて前倒しになったということです。

志垣さんはクリスチャンなので、教会での結婚をして、ホテルニューオータニのクリスタルルームで披露宴は行われました。

新婚旅行はハワイにいき、それから3年後には長男の匠さんが生まれたということです。

若い頃の志垣太郎の嫁・白坂紀子の愛し方が半端ではない!

志垣さんは馴れ初めに関して、この様にコメントしていたことがあります。

二人とも割と淡々としてましたね。 カーっと燃え上がるんじゃなくて、水の流れるような感じだった。 余計なことは言わずに彼女は僕に着いて来てくれました。

しかし、志垣さんはこう言っていますが、志垣さんが嫁となった白坂紀子さんに注ぐ愛情は凄いものであると感じました。

例えば、結婚してから白坂紀子さんの着る洋服の全ては志垣太郎さんが選んでいたとか?

更にはお店の試着室にまで入って来て、品定めをするという、ちょっとドン引きするくらいのことを平然としていたというのです。

今で言えばある意味、これは束縛という形のDVにあたるかも知れませんが、当の白坂紀子さんは全くそうは思わなかったようで、素直に従っていたようでした。

 

そんな若い頃の白坂紀子さんを振り返る志垣太郎さんが残したとてもインパクトのある言葉は・・・

もう、全部上から下まで中身まで含めて、私は妻を咀嚼してあるんで。

なんかあまりにも凄すぎて、きっと誰も入って行けないし、入ろうともしませんよね・・・。

 

でも、きっとそれだけ愛されていると白坂紀子さんもきっと思っていたのでしょう。

だからこそ、匠くんも天才肌の持ち主でありながらも、心優しい青年に育ったのだと思います。

子供を見ると親がどういう生活をしていたのかがよく分かるというじゃないですか?

両親が仲が良ければ、子供は絶対に良い子に育つものなのです。

 

芸能界随一のおしどり夫婦というのは噂でも伊達でも無いのが、お分かりになったと思います。

志垣太郎と嫁・白坂紀子の現在は?

白坂紀子さんは結婚を機に芸能界から退いていますが、現在は時折、志垣太郎さんと供にバラエティ番組などには度々、出演することがあります。

しかし、志垣さんは67歳で白坂さんは58歳だというのに、本当にお若いですね。

きっとそれだけ日々、幸せに生きているからなんでしょうね・・・頭が下がるくらいに凄い夫婦仲であり、本気で羨ましいと感じちゃいました。

 

モラルがあり、グイグイと明るくリーダーシップをとって引っ張ってくれる志垣太郎さんと家庭を持てたことを、白坂紀子さんは誇りを感じていることでしょうね!

 

関連記事

志垣太郎の息子・匠がアスペルガーだと?! 心優しき過去の記憶へアクセス!

志垣太郎の現在はデザイナー!! ブランド【Shigaki-ism】が謎すぎるのだが・・・