正智深谷高校の女子バレーボール部にて、とんでもないパワハラ騒動が発覚した。

 

そんなパワハラ騒動の当事者とも言うべき監督の名前は既に特定されているのだった。

 

例によって森忠広の顔写真画像やFacebookの有無を見ていこうと思う。

 

Sponsored Link

正智深谷高校でパワハラ!

この事件を報じたのは朝日新聞である。

埼玉県深谷市の私立正智深谷高校で、女子バレーボール部監督だった男性教諭(47)が部員に体罰を繰り返し、監督を解任され、減給処分を受けていたことが関係者への取材で分かった。この教諭は2012年にも、部員への体罰で口頭注意を受けていたが、その後も体罰が続いていたという。学校は処分とあわせ、生徒と保護者に謝罪をした。

 学校や関係者によると、今年4月、生徒から教頭に「女子バレー部で体罰があるようだ」と相談があった。学校側が聞き取りをした結果、少なくとも過去2年間にわたり、至近距離からボールをぶつけたり、暴言をはいたりする行為が確認され、学校側は5月の理事会で、教諭を減給10分の1(3カ月)の処分とした。教諭は「うまくなって欲しいという思いがいきすぎた。大変申し訳ない」と話しているという。

 この教諭をめぐっては12年、体罰を受けた部員たちが部活をボイコットするなどした結果、当時の校長が口頭で注意をしていた。加藤慎也校長(50)は「結果的に繰り返されてしまい、申し訳ない。体罰防止を徹底していきたい」と話した。

引用:朝日新聞より

こうした体育会系では、叩き上げの指導が行われるのは、むしろ当たり前であると個人的には感じている。

 

しかし、このご時勢・・・昔のやり方では騒動になりやすいのは否めない。

 

そして、このパワハラ監督の名前が既に特定されているのだった・・・。

 

正智深谷高校の女子バレー部のパワハラ監督の名前は

名前は森忠広と特定されている。

 

その根拠として、2008年2月6日に更新されている個人ブログをまず引用させてもらう。

亡き友思い懸命プレー 創部2年目の正智深谷高女子バレー部

ミッキーマウスの人形は紺野さんの家族からチームに贈られた。練習の時も試合の時もいつも一緒だ。同部の森忠広監督(37)は、初の県大会のために部員に手作りのお守り袋を作った。十九個。選手と監督自身と、そして紺野さんの分と。「誰よりもハルコウに行きたいという夢を持っていたから」。一緒に夢をかなえよう。そんな思いを込めて。

引用:ウイアードでギークなブログ Weird and Geek Blogより

2008年2月に更新されているこの記事には、しっかりと正智深谷高校の女子バレー部監督は森忠広 37歳と明記されている。

 

報道で名前が伏せられているパワハラ監督の年齢は47歳。 10年経った2018年現在の年齢と一致。

 

更にもう一つ東京新聞の記事から引用させてもらう。

トルコ・サムスン市で七月に開かれた聴覚障害者の国際総合スポーツ大会「デフリンピック」。その栄えある大会で金メダルに輝いた日本女子バレーボールの中心メンバーに、正智深谷高校三年の平岡早百合さん(18)=美里町=がいた(中略)高校で指導に当たる女子バレー部監督の森忠広教諭は「(動画共有サイトの)ユーチューブで観戦していたが、最初は金メダルを取ったという実感が湧かなかった。チームメートに気を使うとっても心優しい生徒」と目を細める。

引用:東京新聞より

こちらは2017年9月17日の記事である。

 

つまり、森忠広は2018年現在も正智深谷高校の女性バレー部監督であったことは、揺るぎない事実であると言えよう。

正智深谷高校の監督・森忠広の顔写真画像やFacebookは?!

パワハラで減給と解任となった森忠広・正智深谷高校の女性バレー監督のFacebookをまずは調べてみた。

 

Facebookには検索に一致する名前は出てこなかった為に、森忠広はFacebookユーザーではないことが判明。

 

更に顔写真画像などの有無も調べてみたが、過去の新聞記事などには所属選手の顔写真画像は掲載されていたが、森忠広のものは発見するに至らなかった。

 

こちらも情報提供があるのであれば、すぐにご一報いただきたいと願う。

 

おわりに

正智深谷高校の女性バレー部で起きたパワハラ騒動。

 

そのパワハラ監督の名前として浮上したのは森忠広という人物名であった。

 

ニュース記事などにも掲載されるだけに、その指導は間違いなく素晴らしい手腕を発揮していたのであろうが、残念な限りである。

 

この時代になると、非常に昔とはスポーツの世界でも勝手が違い過ぎるものだ。

 

もしも、これが昭和の時代であるのであれば、パワハラ教諭として揶揄されることも、減給解任などの処罰も起きることは無かったと思うのだが・・・。

 

しかし、何にせよ愛すべき部員を傷つけた行為そのものは、事実揺るぎないものなのだから、致し方が無いことであるのかも知れない。

 

Sponsored Link