タキツバ解散というファンにとっての悲報が、ネットを騒然とさせている現在。

 

しかも実際には既に正式公表される前には解散していたという事実に、ファンの間では事後報告として疑念が生じている様子。

 

これまでの経緯や現時点のファンの反応をまとめてみよう。

 

Sponsored Link

タキツバ解散の経緯

『タッキー&翼』は2002年9月11日デビューを果たし、ジャニーズを支える人気デュオとして大活躍していた。

 

だが、2014年10月に今井翼がメニエール病を発症し、入院を余儀なくされタキツバは休業状態になる。

メニエール病とは?

激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患

引用:Wikipediaより

その後、2017年9月にデビュー15周年を間近に控えながらも、ファンに向けて発表されたのは、活動を休止するという宣言であった。

 

更に2018年3月、今井翼のメニエール病が再発し、再入院。

 

加えて芸能活動の無期限休止が、発表されるに至った。

 

滝沢秀明は2018年8月30日と9月6日発売の週刊文春にて、ジャニー喜多川から後継者に指名されたという報道がなされた。

 

この報道を受けてファンやマスコミ各社は、近いうちに滝沢秀明は芸能人としての活動を引退して、裏へ回るのでは無いのか?と、いう推測がなされていた。

 

2018年9月13日の午前0時過ぎ、ジャニーズ公式にて、正式に『タッキー&翼』の解散が発表される。

 

タキツバ解散は事後報告・・・

ところが、その公式の内容には、いささかファンの間で疑問が浮上している。

親愛なるファンの皆さまへ

皆様、大変ご無沙汰しています。

日頃から温かいご声援をいただき心から感謝しています。

本日は僕たち2人から、タッキー&翼を支えて下さるファンの皆様へ大切なご報告があります。

昨年皆さまへグループ活動休止をお知らせしてから約1年の時が経ちました。

その間、これからの2人のこと、そして滝沢秀明、今井翼それぞれの人生について、深く考える時間を持たせていただくことができました。

今までタッキー&翼、そして滝沢秀明、今井翼をそれぞれ応援してきてくださった皆さまのことを想い、皆さまのご期待に応える活動を今後も継続していけるのかということ、自分達はこれからの人生をどう歩んでいくべきなのかを自問自答し、それぞれに考え抜いて事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合って結論を出させていただくことになりました。

僕達タッキー&翼は2018年9月10日をもちまして、解散するという道を選ぶことにしました。

 

タッキー&翼を今まで応援してくださったファンの皆さまには、本当に悲しい思いをさせること、大変申し訳ないと思っております。 しかし、この決断とこの先の未来は僕たち2人がアーティストとしてだけでなく、一人の男として下した決意と受け止めていただけたら嬉しく思います。

 

私、滝沢秀明はタッキー&翼の解散をもって、年内一杯で芸能活動から引退し、ずっと自分を育ててくれたジャニー社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意思を告ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンタテイメントをプロデュースする仕事に専念することを決めました。 これは僕自身がいつの日からか意識しずっと頭の中に描いていたことです。

そして僕、今井翼は現在も病気療養中の身です。

まずは自分の身体としっかりと向き合う為、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも無くした状態で、病気を克服し心身共に健康な状態になることに専念したいと思います。 この先については、自分の心身が健康な状態になってからしっかり考えたいと思っていますので、その時が来たら改めて皆様にご報告できるように頑張っていきたいと思います。

 

今まで僕たちタッキー&翼を応援し続けてくださったファンの皆さま、本当にありがとうございました。

 

16年間の活動で、皆様のご期待に応えられる活動が十分に出来ていたのか….自信をもって言い切ることができない自分達がいるのも事実です。でも、そんな僕たちを常に温かく支えてくれた皆さまと過ごした時間のすべてが、かけがえのない宝物です。コンサートや舞台から見た皆さまの輝く笑顔を、ぼくたちはきっと一生忘れることはありません。皆さまへの感謝の気持ちで一杯です。そして今日、このような報告をしなくてはならなくなってしまったことについては、とても申し訳なく思っています。最後までわがままなタッキー&翼をお許しください。本当に、本当に、今まで、ありがとうございました。ファンの皆さまには、今この言葉以上に伝えたい言葉をみつけることができません。そして図々しいお願いかもしれませんが、これからそれぞれの道を歩むことになる僕たち2人のことを見守っていただけたらとても嬉しく思います。

心からの愛と感謝をこめて。

(滝沢秀明と今井翼の直筆のサイン)

引用:Johnnys net Informationより

非常に悲痛なタキツバ両人の心中が書かれている文面であると言える。

 

しかし、改めて確認すると、この発表がなされたのは9月13日・午前0時過ぎ。

 

ところが、文面の中では10日に既に解散していたことがつづられているのだ。

 

これに関してファンの間では事後報告であり、何故、今になってという疑念が巻き起こっているのだ。

 

タキツバ解散・事後報告への波紋がヤバい!

ファンの悲痛なつぶやきが錯綜している現在の状況がある。

タキツバ解散に事後報告の真相は?

タキツバ解散に関しては、滝沢秀明と今井翼の声明文を読む限り、非常に切実さが伝わって来るので、それに関しては疑う余地はないと思われる。

 

しかし、事後報告に関して、明確な理由を公表しないと、長年、応援し続けてきたファンは納得はしないのかも知れない。

 

だが、滝沢秀明が引退してプロデューサーとして今後は活動していくということと、今井翼も引退して一般人として生きていくという今後の状態は確定している。

 

あとはそれを踏まえて、一般の芸能通たちやファンがどういう気持ちでいるのかに委ねられていると思うのだが、いかがだろう?

 

Sponsored Link