田村知之という男が逮捕されたが、
秩父市の路上でひき逃げをしたということである。

 

顔写真画像などは現在のところ、
報道機関や警察からは公開されてはいないが、
これらの有無を確かめるとともに、事件の概要を見ていこう。

 

Sponsored Link

田村知之が逮捕された事件の概要

事件を報道したのはテレビニュースである。

22日、埼玉県秩父市の路上で女性2人がひき逃げされて1人が死亡し、1人が重傷を負った事件で、市内に住む52歳の男が逮捕されました。

無職の田村知之容疑者は午前1時半すぎ、秩父市の県道で軽乗用車を運転していて、会社員の中野恵美子さん(48)と友人の女性(44)の2人をはね、その場から逃走した疑いなどが持たれています。中野さんは死亡し、44歳の女性も右腕の骨を折るなどの重傷を負いました。警察によりますと、22日午後、田村容疑者が「人をひいて逃げた」と警察署に出頭してきたということです。田村容疑者は「酒を飲んで人をひいて怖くなった」と話していて、警察は飲酒運転の疑いについても調べを進めています。

引用:ANNニュースより

死亡ひき逃げ事件を起こしてしまった田村知之は52歳という年齢で無職であるという。

 

果たして、何が事件当時に起きていたのだろうか?

 

それらの考察は後述するとして、
顔写真画像やFacebookなどの有無を次は見ていこう。

 

田村知之の顔写真画像やFacebookなどは?

田村知之の顔写真画像は、
報道機関などからは現在、公開されていない。

 

昨今では年配の人間でも積極的に
Facebookなどを活用して、情報発信をしているユーザーも多い。

 

Facebookにおいて、
秩父市・52歳・田村知之が利用しているかを見てみたが、
該当するユーザーは見当たらない。

 

事件も死亡ひき逃げ事件という悪質なものであるにせよ、
自首をしているところから、今後も顔写真画像などが
警察や報道機関から公開される可能性は薄いと思われる。

田村知之のひき逃げ事件の考察など

田村知之は前述したように、
52歳という年齢で無職であるということに着目したい。

 

50代と言えば、まだまだ働き盛りであり、
無職というのは到底、普通ではないと考えられる。

 

しかし、昨今の雇用問題などを紐解いてみると、
秩父市という栄えているとは言い難い土地では、再就職は非常に厳しいと思われる。

 

仕事が無い状態というのは、
必然的に経済状態を圧迫してくるのは歴然としている。

 

そんな中でストレスを発散させる為にも飲酒というのは、
田村知之にとっては切っても切り離せない娯楽の一つであったのかも知れない。

 

そんな中で、市内を運転中に
死亡ひき逃げ事件を起こしてしまったというのは、痛恨のミスであるわけだ。

 

だが、そもそも酒に酔った状態で、
注意力や集中力などを要求される運転をした時点で、
事故の確率は飛躍的に高まる。

 

更に飲酒をしていたということで、
免許の取り上げは確定的なことから、
保身の為に現場から逃げてしまったことも、
また自分自身の首を絞める上塗りであったと考えられるだろう。

 

おわりに

田村知之が逮捕された概要や、
顔写真画像などを求めて、Facebookなどを垣間見たまとめを記してみた。

 

お酒というものは、個人的には飲む習慣が無く、
無くなってもよいものであると考えている。

 

何故ならば、自分自身の脳を一時的に変えてしまう作用があり、
それが何か功を奏する切欠になることが少ないものであるからだ。

 

飲酒運転をするという行為は、
それ自体が凶器であり、更にはひき逃げまでするということは悪質極まりない。

 

だが、その後、自首をしているという
田村知之の行動を見て、良心が残っていることが伺える。

 

このことからも更生に向けて、長い時間、耐え抜いて欲しいものだ。

 

Sponsored Link