手塚尋斗(てづかひろと)という男が
逮捕されたが、これは悪質な事件である。

 

例によって顔写真画像やFacebookの有無を見ていくとともに、
一体、どの様な事件であったのかの考察をしていこうと思う。

 

Sponsored Link

手塚尋斗が逮捕された概要とは?

手塚尋斗が逮捕された事件を報じたのはJNNニュースだ。

23日朝早く、東京・墨田区でタクシーの客の男が料金を支払わずに逃走したうえ、追いかけてきた運転手の男性に暴行を加えたとして逮捕されました。
強盗の疑いで逮捕されたのは墨田区の職業不詳、手塚尋斗容疑者(31)です。手塚容疑者は午前5時すぎ、客として乗っていたタクシーを家の近くで降りる際、男性運転手(65)の顔を殴って料金を支払わずに逃げたうえ、追いかけてきた運転手に路上でも殴る蹴るの暴行を加えた疑いがもたれています。運転手の男性は重傷です。
警視庁によりますと、手塚容疑者は現場近くにいたところを、住民の通報を受けて駆けつけた警察官に逮捕されました。
当時、かなり酒に酔っていて、調べに対し、「運転手にいきなり起こされて頭にきたのでやった」と容疑を認めているということです。警視庁は傷害容疑についても調べる方針です。
引用:JNNニュースより

非常に理不尽で身勝手な犯行の様に思えるが、
犯行の考察よりも、ます先に顔写真画像や
Facebookなどの有無を見ていこう。

 

手塚尋斗の顔写真画像やFacebookは?

手塚尋斗は墨田区の人物であり、
31歳という比較的に若い年齢であることは判明している。

 

このことからFacebookなどを検索してみると、
該当するユーザーが発見できた。


Facebook上に掲載されている顔写真画像などは、
5年前に投稿されたものだが、年恰好も一致している様に感じ、
このユーザーは墨田区が在住地となっている。

 

同姓同名のユーザーも極めて少ないことから、
このユーザーが該当していると判断できると思われる。

 

手塚尋斗の起こした墨田区のタクシー強盗事件の動機

手塚尋斗は犯行動機を
警察での供述で明らかにしているが、非常に傲慢な動機であると感じる。

 

そして、やはりここでもお酒に酔った勢いというのが、見て取れる。

 

実際にタクシーの料金が支払えないが故に、
事件を起こしたというわけではない様にも思える。

 

動機は運転手に寝ているところを
起こされたからと供述しているものの、それは明らかに
手塚尋斗本人の身勝手な理由であるのは間違いない。

 

酒に酔っ払って、真面目に仕事をしている人間に対して
乱暴し理不尽な要求を突きつける様な人種は、非常に憤りを感じる。

 

ましてや、しっかりとサービスを受けておきながら、
その対価を支払おうとしないというのは、
何様のつもりなのだろうか?とも感じるところ。

 

個人的に酒に酔って気持ちが大きくなり、
犯罪を冒すというのは、大なり小なり非常に腹正しく感じる。

 

被害に遭ったタクシーの運転手の怪我の程度は
明らかにされてはいないが、無事に職務に復帰して欲しいものである。

 

おわりに

手塚尋斗の悪質なタクシー強盗事件の概要などや考察をしてみた。

 

Facebookなどに掲載されている顔写真画像なども、手塚尋斗どこかアウトロー的な風貌を連想させるものである。

 

しかし、アウトロー的なファッションや手塚尋斗構図を写真に掲載しても、真面目に一生懸命、頑張っている人間も数多い。

 

見かけで人は判断してはならないが、手塚尋斗やはりお酒に酔っ払って犯罪をおかすというのは、手塚尋斗心の在り方が全くもって間違っていると個人的には感じてしまうのだが・・・。

 

Sponsored Link