塚田翔太の会社が特定? 女性追いかけを娯楽とする男の余罪は?!

塚田翔太は静岡県の会社員であるが、この度、女性追いかけにより逮捕された。

 

所謂、日常の中の珍事というべき、ギャグの様な事件であるが、一部の有志の中には、既に勤務先の会社を特定している者もいる様子。

 

例によってFacebookなどのSNSからの顔写真画像の有無を見ていくとともに、事件の概要などを紐解き考察していきましょう。

 

塚田翔太が逮捕されたのは『女性追いかけ』

事件を最初に報じたのは産経新聞だ。

スマートフォンでアダルト動画を流しながら女性を追いかけたとして、静岡県警藤枝署と県警人身安全対策課は26日、県迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで、藤枝市高柳の会社員、塚田翔太容疑者(23)を逮捕した。塚田容疑者は容疑を認めている。

逮捕容疑は25日午後6時45分ごろ、焼津市内の路上でスマートフォンを使い、アダルト動画を大音量で流しながら藤枝市在住の女性会社員(25)を追従し、音声などを聞かせる卑わいな行為をしたとしている。

同署によると、6月ごろからJR藤枝駅付近で同様の被害が相次いでおり、警戒に当たっていた同課の警察官が逃走する女性を発見。塚田容疑者はその場にいなかったが、容姿などから塚田容疑者を割り出した。同署は余罪があるとみて調べを進めている。

引用:産経新聞より

報道から分かることは以下の通りだ。

 

・塚田翔太は藤枝市高柳の会社員

23歳という若者。

・JR藤枝駅付近で同様の被害が相次いでいる。

 

と、いうことだ。

 

塚田翔太の会社は特定されている?

塚田翔太は静岡県高柳の会社員であるということだ。

 

一部の有志の調べた情報によると、『住友ベークライト 静岡工場』、『中外製薬工業 藤枝工場』となっている様子。

 

だが、これはあくまで工員ばかりをピックアップしており、これだけでは断定には結びつかない。

 

高柳にはこの二つの会社しかないのか?と、言えば、そうではなく無数に23歳の若者が従事できる会社は存在している。

 

これだけで特定というのは、いささか早計であるといえる。

 

塚田翔太の近しき間柄の人間から、インターネット上に何らかのリークが無ければ、会社の断定は難しい所である。

 

][][

塚田翔太の顔写真画像やFacebookなどは?

逮捕された塚田翔太の情報を元に、Facebookなどを検索してみるが、同姓同名のユーザーが数多い。

 

静岡県のユーザーや23歳という年齢に合致しているユーザーは見当たらないが、検索結果に出てきたユーザーの中に、逮捕された塚田翔太がいる可能性は大いにある。

 

Facebookではなく、Twitter上には同姓同名の塚田翔太という名前のユーザーが積極的に日常の写真画像などを投稿している。

 

このユーザーは、年格好は合致する要素もあるが、逮捕された塚田翔太である確証はないので、転載は見送らせてもらう。

 

最後に塚田翔太が何故、女性追いかけという暴挙に出たのかを、考察してみよう。

 

塚田翔太が何故、女性追いかけをしたのかという動機と余罪について

昨今、若者における動機が曖昧で常人では理解不可能なものによって、引き起こされる犯行は多い。

 

例えば、数か月前に都内で若者が発狂して警察沙汰になって逮捕されたが、その犯行動機が『リップルとノアコインが上がらなかったから。』と、いう意味不明な動機であった。

 

リップルやノアコインというのは、仮想通貨の銘柄であり、短期的に儲けられなかったことをストレスに犯行に及んだということであった。

 

今回の塚田翔太の犯行も、この事件と同じくらいに理解不可能なものだ。

 

セクシービデオをスマホ上で撮影し、特定の女性に向かってそれを見せつけるように流して、追いかけをするという行為は常軌を逸している。

 

挙句には高柳駅周辺では同様の類似被害が出ている事からみて、塚田翔太に余罪があるのは明らかであると感じる。

 

おそらく塚田翔太の日々のストレス解消方法というのが、女性を間接的に辱めることだったのではないのか?

 

直接的に手を下すとダイレクトな犯罪行為になってしまう為に、あくまで間接的にイタズラのつもりで行動すれば、法律には抵触しないとでも思ったのかも知れない。

 

しかし、残念ながら、精神的にでも何らかのダメージを与えたのであれば、罪になるというのは子供でも分かる。

 

それが理解出来なかった塚田翔太は、逮捕という形になっていったことに相違ない。

 

今後、塚田翔太の顔写真画像やFacebookは、近しき人間からのリークがあれば、ネット上に流布されるかも知れない。

 

なんせギャグの様な事件であるから、話題性があるためである。

 

しかし、逮捕されたという事実は変わりない為に、会社なども自主退職などに追い込まれる可能性は極めて高い。

 

個人的には塚田翔太の犯罪行為というのは、笑ってしまうものであるが、罪は罪である。

 

しっかりと、自分の程度をよく理解して、今後は別のストレス発散の道を見つけて、社会貢献して欲しいものだ。