辻良太は小学校教諭でありながら、
何と中学生に対して淫らな行為に及んだとして逮捕されている。

 

ここでは辻良太の勤めていた小学校や顔画像の確認と供に、
静岡県で何故、犯行を行ったのかについての動機などの考察をしてみよう。

 

Sponsored Link

辻良太が逮捕された概要

事件を報じたのは産経新聞である。

静岡中央署は20日、静岡県焼津市で女子中学生(14)にわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、神奈川県川崎市麻生区王禅寺西、小学校教諭、辻良太容疑者(30)を逮捕した。同署によると、辻容疑者は東京都内の市立校に勤務。容疑を一部否認している。

逮捕容疑は7月16日、18歳未満と知りながら、現金1万円を渡して中学生と焼津市内のホテルでみだらな行為をした疑い。2人は会員制交流サイト(SNS)を通じて同日に知り合ったという。

引用:産経新聞より

聖職者による、破廉恥な犯罪は
度々、起きるが、またしてもという具合である。

 

ここでポイントは
静岡県の女子中学生に対して、現地で犯行に及んだということ。

 

しかし、辻良太は神奈川県に在住する
東京都の市立小学校に勤めているという点だ。

 

辻良太の勤めていた小学校はどこ?

辻良太の名前は
狛江市教育委員会が公開している資料に記述がある。

 

その中に狛江市立狛江第五小学校のたよりがあり、
平成30年度の教員一覧表の中に理科を担当している
辻良太の名前
が、しっかりと記載されている。

 

年齢などは不明であるものの、
報道による都内の市立校という情報と名前は合致していると言えよう。

 

狛江市狛立狛江第五小学校
勤めていた可能性は極めて高いと言えるだろう。

辻良太の顔写真画像は確認できない

辻良太の顔写真画像は
警察や報道機関からは、公開されていない。

 

あくまで軽犯罪に該当するものであり、
凶悪犯罪ということでもないので、
それらを公開されることは今後もないといえる。

 

またFacebookをはじめとする
SNSなども該当する辻良太がいるかどうかを見てみたが、
逮捕された辻良太に合致する人物には特定には至らなかった。

 

しかし、辻良太の情報を紐解いてみると、
日本大学生物科学部の資料に行き届く。

 

今回逮捕された辻良太と
同じ人物であるという断定ではないが、そこに気になる顔写真画像もある。

 

しかし、判断材料が乏しいために、掲載をするのは控える。

 

辻良太の犯行動機は一体・・・

中学生に対して忌まわしい犯行を及んで逮捕された辻良太であるが、
不思議なのは神奈川県、都内という地元ではなく、
何故、静岡県にまで行ったのかということ。

 

おそらくは所謂、出会い系サイトでやり取りをする中で親しくなり、
身体の関係を持つために、わざわざ辻良太が静岡まで
足を運んだということであろう。

 

よくある例としては子供も隠しているわけだが、
両親などが子供の様子の異変に気づいて、
スマホなどを調べて発覚するパターン。

 

今回もこれに該当するのかも知れない。

 

しかし相手は
女子中学生という法律でまだ守られた子供である。

 

お互いに金銭が間に入った
合意の上での関係とはいえ、法律に抵触している行為には他ならない。

 

現在でも中高生の女子がお金を目的に、
成人男性と危ない関係を結ぶことは、
法律が厳しくなっても確実に行われている。

 

これを防ぐ方法はおそらくは無いと思われるが、
そんな女子と繋がりをもちたいと願う成人男性が何と多いことか・・・。

 

そして、それがまさか小学校教諭という立場の辻良太が、
欲望に任せて犯行を冒すという事実に、
やはり聖職者のモラルの低下が著しいと感じるわけだが・・・。

 

Sponsored Link