吉澤ひとみのひき逃げが現在も話題の渦中にいる。

 

が、吉澤はかつて、弟事故死という悲劇を経験している。

 

まるでそんな不幸をなぞるかのように、
自分がそれを彷彿とさせるトラブルを
起こしてしまっているのは、皮肉な話である。

 

ここでは吉澤ひとみの
弟の事故死の原因などを中心に進めてみようと思う。

 

Sponsored Link

吉澤ひとみの弟事故死の詳細

吉澤ひとみがモーニング娘を卒業した2007年1月。

 

丁度、時期を同じくして、吉澤ひとみの弟が事故死をしているのだ。

 

同年1月11日に事故死をしているのだが、
弟は当時、都立高校に通う16歳の高校1年生。

 

事故死した弟の名前は弘太さん。

 

思春期真っ盛りの青春を謳歌していくスタート地点に立っていたであろう、
弘太さんはさぞかし無念のままに亡くなっていったに違いない。

 

1月10日・午後22時50分ごろに、アルバイト先から帰宅していた弘太さん。

 

自転車に乗っていたのだが、
新宿の神楽坂下の交差点付近で、軽自動車に撥ねられたのだった。

 

弘太さんの進行方向の右側から来た
軽自動車と衝突して、その勢いで路面に叩きつけられ、頭部を強打。

 

救急車が駆けつけてきたが、
時、既に遅く心肺停止の状態であったということであった。

 

搬送先の病院で処置を受けるものの、
1月11日・午前0時50分に死亡が確認されたという惨劇であった。

 

吉澤ひとみの弟事故死の犯人

吉澤ひとみの弟・弘太さんを撥ねた
軽自動車の運転手は、当時、専門学校に通う20歳の男性。

 

現在で言う『自動車運転過失致死傷罪』によって、逮捕されている。

 

事故当時、犯人の男性は一人で車を運転。

 

弘太さんを撥ねた専門学生の運転する軽自動車は、
何故かブレーキを踏んだ跡が無かったということであり、
この状況から警察は飲酒運転の可能性があるとみて調べている。

 

ところが、犯人の男性の体内からは
アルコールなどが検出されなかった為に、飲酒運転でないことが判明。

 

11年経った現在、吉澤ひとみの弟事故死の
原因を作ってしまった犯人の男性は、31歳となっているが、その消息は定かではない。

 

吉澤ひとみの弟事故死の原因は・・・

ここで一つ、疑問が浮上する。

 

吉澤ひとみの弟事故死の原因である。

 

飲酒運転ではないことが警察の調べで明らかになっているわけだが、
吉澤ひとみの弟である弘太さんは何故、事故死しなければならなかったのか?

 

既に終わったことではあるにせよ、
吉澤ひとみがまるで弟事故死の状況を再来させるような事故を起こして、
大騒動になっている現在、これらのことにも若干、注目が集まっているのだ。

 

被害者は自転車に乗っていたという符合点。

 

都内の交差点近くということ。

 

まるで、そこには人知では
及びつかないような因果が見え隠れしている様にも思える。

 

事故死の原因としては
結局のところ犯人の専門学生の運転時の不注意ということで片がついているが、
いくら夜遅い22時~23時とはいえ、灯りの多い都会の交差点で
弘太さんの存在に気づかなかったのだろうか?

 

交通事故というものはお互いに
不注意が合致した時に起こる悲劇であることは言うまでもない。

 

片方がいくら注意を払っていたにしても、
突発的なことで偶発的に起きてしまう。

 

果たして本当の原因は何であったのかは、
弟が事故死している今となっては永久に謎のままであろう。

 

おわりに

吉澤ひとみの弟事故死の原因を中心につづってきたが、
非常にショッキングな因果が吉澤ひとみに噴き出していることが判明した。

 

こんなことはあるのだろうか?と、
人間の律のようなものを感じずにはいられない。

 

幸いなことに吉澤ひとみがひき逃げした被害者の女性は、
命に別状はなくツイッターなどで元気な様子をアピールしていた。

 

よって、大事には至らなかったが、
もしも、これが死傷させていたとなると、弟事故死の過去の悲劇を
自らの手で再現させてしまったという恐ろしいことになる一歩手前であった。

 

何か恐ろしい運命・・・もしくは因果関係が
確実に存在していることを如実に現わしているとはいえないだろうか?

 

Sponsored Link